スイングトレードとは

株のスイングトレードをわかりやすく解説します

*

株式投資やデイトレードとスイングトレードの違い

株の売買方法には、大きく分けて2種類あります。株式投資と株式トレードです。
スイングトレードは、昼間にお仕事や用事をされている方に向きます。

この記事を読む

株の初心者・入門者でもスイングトレードはできる?

初心者・入門者の方に適する理由の1つに他に比べて資金が少額で出来ることも上げられます。

この記事を読む

スイングトレードは安全・安心・安定?

株の売買は「買って逆に動けば投じた資金がすべて一度に無くなる」と思われている方もおられ、ギャンブルのようにも見えますが、一か八かの世界ではありません。

この記事を読む

スイングトレードは儲かる?儲からない?

株の教室でトレーディングツールの見方や使い方を習っただけでは儲かりません。トレードをする上で最低限必要な知識を習ったにすぎません。習った事を基に今からが売買本番のスタートです。

この記事を読む

スイングトレードを行う上での心得・心構え

『相場は人が動かしている』『大口資金の投資家と同じ土俵で売買をしてお金の取り合いをしている』そのため、相場に“絶対”はありません。

この記事を読む

スイングトレードはシステムトレード

スイングトレードでは、“ルールに基づく”売買で利益を目指します。「買い」「ロスカット」「利益確定」を“ルールの基”に設定して売買を行ないます。

この記事を読む

スイングトレードの手法に合う人、合わない人

スイングトレードは株価の上下の動きをルールの基に容認して利幅を見て行きますので、これが苦手な人が合わない人と言うことになるのではないでしょうか?

この記事を読む

初心者のためのスイングトレードの始め方(実践編)

利益を目指すスイングトレードを実践していく上で1番大切なのは銘柄選択です。3600銘柄の中から今日また明日、買いで狙う銘柄を日々見つけて行くには、時間と根気を要します。また、見る目を持っていない初心者の時は、なおさら大変です。

この記事を読む

資金別に考えるスイングトレードの銘柄数

あなたがどれぐらいのリターン額を望まれているかによって 異なり、またその月々の全体相場状況によっても異なりますが・・・ 資金の5%~10%を目指していただければと思っています。例えば、資金が300万円の方ならば30万円×10銘柄。

この記事を読む

スイングトレードと損切り(ロスカット)

損切り(ロスカット)設定は、自己資金の減少を限定する、資金を守る唯一の方法です。また自己資金を限られた期間内で、有効に活用するためにもロスカットは重要です。

この記事を読む

スイングトレードと日足

スイングトレードでは、月足・週足・分足もチェックして売買判断しますが、最終に、値段の設定などを決定して売買自体を行なうのは日足(ひあし)。日足チャートになります。

この記事を読む

スイングトレードと企業の決算発表

決算発表があると、株価が大きく動く可能性があります。対象銘柄(上昇の兆しがある銘柄)の決算発表がいつなのかを確かめておくことが大変重要です。好決算の発表があると、株が買われ、株価が上がる要因になります。

この記事を読む

スイングトレードと空売り

空売りは下げ相場の場面では有効ですのでおすすめしますが、どんな場面でも行うのではなく、全体相場の状況が下げ相場となり、その上で株価チャートが下向いて行く場面でのみ行うのが安全です。

この記事を読む