スイングトレードとは

株式投資やデイトレードとの違い

* *

スイングトレードとは、株の売買方法の1つです。

株の売買方法には、大きく分けて2種類あります。株式投資と株式トレードです。
※「株式投資と株式トレードの違い」と「株式トレードの種類」を以下に載せました。

株式投資とは「企業業績」「企業の将来性」「割安度合い」「配当の利回り」等を見る「ファンダメンタルズ分析」による銘柄選択をして売買を行なうのが「株式投資」です。

「銘柄の保有期間」は、数週間~数ヶ月、長ければ数年と長く保有します。
「資金」に大きく余裕がある方に向いた売買方法だと言えます。
これから買われて上がる可能性に期待する「待ちの売買」になります。

「株式投資の特長」
①資金が多く必要 ②保有期間は中長期間 ③待ちの売買
資金がそこそこの方や、毎月利益を狙いたい方には向きません。

株式トレードとは「株価チャート(株の値動きを示すグラフ)」や「板情報(株の注文状況が見れるボード) 」「売買高(売買が成立した株数)」や「信用残(信用口座取引者の未決済残高)」等から投資者の動きを見て銘柄選択し売買を行なうのが「株式トレード」です。

「銘柄の保有期間」は、1日~数日間。長ければ1~2ヵ月もあります。
「資金」は、投資よりも少額の資金を短期間の売買で回転させて行います。
今日または明日上がる可能性の銘柄に売買を仕掛ける「攻めの売買」になります。

「株式トレードの特長」
①資金は投資より少額 ②保有期間は短期 ③攻めの売買
資金がそこそこの方や、毎月利益を狙いたい方に向きます。

「株式トレード」の種類として「デイトレード」と「スイングトレード」があります。

「デイトレード」は、今日買って、今日売る、1日で1つの売買を終える超短期間の売買方法で、株価チャート(株の値動きを示すグラフ)や、板情報(株の注文状況が見れるボード)などを見て、証券取引所で売買が行われている時間中、監視を続けて行うものです。
1日間での値幅で利益を狙いますので投じる資金は少ないと利益は小さくなります。

株式トレードの種類の中でデイトレードは大きな資金がある方が向きます。
昼間にお仕事や用事をされている方には向きません。

「スイングトレード」は、2日~数日間の短期間。相場状況により月を超える事もあります。

株価チャート(株の値動きを示すグラフ)や、板情報(株の注文状況が見れるボード)などを見て売買判断を行いますが、証券取引所で売買が行われている時間中に監視して行う事も出来ますが、予約や条件設定が出来る注文機能を使って、取引が行われている時間に監視していなくても行なう事が可能です。

昼間にお仕事や用事をされている方に向きます。

株deプラス投資スクールは、スイングトレードを学べるスクールです。
株価チャートの正しい見方、銘柄の選び方、売買ポイントの見極め方、売買ルールの決め方、トレーディングツール(自動売買)の使い方など、スイングトレードで稼ぐための手法をしっかりと身に着けることができます。

体験セミナーを開催していますので、お気軽にご参加ください。

*