スイングトレードとは

スイングトレードは安全・安心・安定?

* *

株の売買は「買って逆に動けば投じた資金がすべて一度に無くなる」と思われている方もおられ、ギャンブルのようにも見えますが、一か八かの世界ではありません。売買する上での「スイングトレード」の知識(理論)や方法(技術)があります。

勿論100%全ての売買で全部利益を出す事は不可能です。その様なモノはこの世に存在しません。ですが1回の売買で勝敗を決めるのでは無く、月間トータルの売買成績で利益を目指す事は可能な世界です。

<これは通常のビジネスや商売で利益を上げる事と似ています>

通常、事業を行う上で「資金」(仕入代金・広告宣伝費・人件費・通信費・交通費・賃料・光熱費 など) が必要ですが、それら経費をかけて月間にどれだけ利益を出せるかがビジネスや商売においての勝負です。

(売上)-(経費)=(利益)
売上が経費を上回れば儲けが出る
売上が経費を下回れば儲けは出ない

お店ならお客様が来る日もあれば・来ない日もあります。
販売なら商品が売れる日もあれば・売れない日もあります。

ですが、月間のトータルで売上が経費を上回れば儲けが出ます。
そして、更に利益を追求するには、経費や売上を上げるための効率や確率を考えます。

<株の売買においての経費は大きくは2つ>

[売買手数料]
売買を行った際に証券会社に支払う手数料。

[ロスカット]
購入した株が逆に行った際に行う「決済」による損失。

これらを小さくおさえて利益を上げる事が重要です。

<株の売買においての経費効率と売上効率>

株には、どの銘柄にもある共通した地点で、多くの人が仕掛けてくる(売り買いをする)ポイントがあります。

それを見分けるには、株価チャート(値動きを示すグラフ)と板情報(売買状況を表すボード)を使います。

これらを使用して行う「指標」や「理論」を組み合せた分析判断を基に、『ルールに従った売買』を行います。

「こうなれば(買い)または(空売り)」
「こうなれば(ロスカット)」
「こうなれば(利益確定)」と言うルールの売買です。

この売買ルールの基に行なう売買を「システムトレード」と言います。
これらを行うことで「経費と売上の効率を生む」売買が行えます。

利益を生む可能性が高い場面でのみ仕掛け、逆に行った際に行うロスカットで 損失を最小限にする売買を目指します。そして月間トータルで利益を見るのです。

<株の売買が通常のビジネスと異なる点>

1人ですべてを行えます。
計画や実行を自分で決めれます。
サイドビジネスとしても行えます。

<始める上で必要なものは・・・>

パソコンとインターネット接続環境
ネット証券口座と株価自動更新ツール
ある程度の投資資金

<メンタルにおいて必要なものは>

期限を定めた目標計画と その実行です。
自分が始めなければ始まりません。
一人でやる事なので自分次第なのです。

株価チャート(株の値動きのグラフ)を見て売買する銘柄を探し、自分の判断で売買をして利益を出せればそれが喜びとなります。

その前にまず、知識(理論)と方法(技術)の習得が必要です。

株deプラス投資スクールは、スイングトレードを学べるスクールです。
株価チャートの正しい見方、銘柄の選び方、売買ポイントの見極め方、売買ルールの決め方、トレーディングツール(自動売買)の使い方など、スイングトレードで稼ぐための手法をしっかりと身に着けることができます。

体験セミナーを開催していますので、お気軽にご参加ください。

*