スイングトレードとは

スイングトレードはシステムトレード

* *

スイングトレードでは、“ルールに基づく”売買で利益を目指します。

ルールの売買とは、「買い」「ロスカット」「利益確定」を“ルールの基”に設定して行なう売買方法のことで、これをシステムトレードと言います。

例えば今から買いで狙える銘柄があったとして、買いの売買ポイント(300円)で(1000株)を買い購入したとします。

買えた事を確認すると、すぐにロスカットの売買ポイントが(290円)の場合、290円を下割った時点でロスカットする条件設定の売り注文をすぐに入れます。

300円×1000株=30万円 (買い購入)
290円×1000株=29万円 (売りの条件設定)

こうする事で、ロスカットになった場合、損失を1万円に限定できます。30万円投じた資金の内、29万円はロスカットの売りになった時点で口座に戻ります。失うのはロスカットによる売りの損失1万円のみになります。

損失を限定して上昇するかを見て行きます。後は上がり方を見て、ロスカット設定値から利益確定設定値へと段階を追って切上げて行き、利益確定設定値に掛かれば利益確定となります。

この一連の売買をルールの基に行う、これがシステムトレードです。

株deプラス投資スクールは、スイングトレードを学べるスクールです。
株価チャートの正しい見方、銘柄の選び方、売買ポイントの見極め方、売買ルールの決め方、トレーディングツール(自動売買)の使い方など、スイングトレードで稼ぐための手法をしっかりと身に着けることができます。

体験セミナーを開催していますので、お気軽にご参加ください。

*