スイングトレードとは

資金別に考える
スイングトレードの銘柄数

* *

当社が提供する「銘柄配信サービス」では、平日の夜間に毎日、その日の厳選3銘柄情報をお送りしていますので、1ヵ月間に60銘柄(3銘柄×20日間)をお送りしています。

60銘柄をすべて買うことをおすすめしている訳ではありません。 もし仮に、1銘柄を30万円(300円×1000株)位の金額で買うとなると、60銘柄で1800万円が必要になります。(これは無理な話です)

また、新規買いに適した全体相場状況が「良い時」と「良くない時」があります。

資金別で言いますと、あなたがどれぐらいのリターン額を望まれているかによって 異なり、またその月々の全体相場状況によっても異なりますが・・・ 資金の5%~10%を目指していただければと思っています。

100万円分の資金を投じた場合なら、月に5万~10万円のリターン
200万円分の資金を投じた場合なら、月に10万円~20万円のリターン
300万円分の資金を投じた場合なら、月に15万円~30万円のリターン

例えば、資金が300万円の方ならば30万円×10銘柄。
月間に10銘柄を売買されるとして週に2~3銘柄を売買される感じで、4週間で10銘柄。その際に銘柄を大体、均等な価格での購入になるようにおすすめしています。

1つの銘柄に極端に大きな資金投入をして他の銘柄には少しだけの資金と言うようなバランスの買い方をしますと、大きな資金を入れた銘柄が上がらなかった場合に
利益をトータルで出すのは難しくなります。(均等分散される事をおすすめしています)

また資金別に考える銘柄数ですが、上記の例を基準に調整していただければと思います。
資金の小さい方は、全体相場状況が今から上向き、上昇幅を持った状況の中で 今から狙う個別銘柄の株価チャートや他の内容も良く、売買ポイントに来ている銘柄に絞って狙っていただく事が大切です。

2017年12月で言えば、
全体相場は、月初から下げとなり、反転を見た(12月7日)が良い日でした。
日経平均・2部指数・ジャスダック指数・マザーズ指数、各指数チャートを確認して下さい。

▼日経平均株価 日足チャート

▼2部指数 日足チャート

▼ジャスダック指数 日足チャート

▼マザーズ指数 日足チャート

 

銘柄配信サービスで、
12月7日に推奨した3銘柄

【1434 JESCO HD】
(東証2部・建設業・100株単位)
日足チャート
450円→570円(14日間で+120円の利幅)
1000株(45万円)購入で12万円の利益

【1518 三井松島産業】
(東証1部・鉱業・100株単位)
日足チャート
1420円→1600円(17日間で+180円の利幅)
300株(42万6千円) 購入で5万4000円の利益

【6879 イマジカロボ】
(東証1部・情報通信業・100株単位)
日足チャート
900円→1150円(11日間で+250円の利幅)
500株(45万円)購入で12万5000円の利益

株deプラス投資スクールは、スイングトレードを学べるスクールです。
株価チャートの正しい見方、銘柄の選び方、売買ポイントの見極め方、売買ルールの決め方、トレーディングツール(自動売買)の使い方など、スイングトレードで稼ぐための手法をしっかりと身に着けることができます。

体験セミナーを開催していますので、お気軽にご参加ください。

*