スクールの特長

株の短期売買で
儲けを出して行くには・・・

*

変化する相場状況を日々株価チャート(株の値動きのグラフ)で見て行くことが重要です。

株の売買には、全体相場の状況により「儲けやすい場面」と「儲けにくい場面」とがあります。

「儲けやすい場面」とは、多くの投資家が株を買うタイミングで、「売買ポイントにある」「上がる条件を満たす」銘柄を素早く仕掛ける(買う)ことです。

多くの投資家が
株を買うタイミングとは・・・

*

東京証券取引所の1部市場には2170社の銘柄があります。その中から選ばれた225社の株価でできているのが日経平均株価です。

この日経平均株価の株価チャートが上がるタイミング(上がるチャートの形)にあり、上がる上幅を持っている時が「儲けを出しやすい場面」になります。

株の売買は
自分が一人で行えるビジネス

*

株の短期売買で得る利益の形は、一般のビジネス(何かを売るビジネス)での利益の入り方と似ています。

良い銘柄を選んで「良いタイミングで株を買い」「良いタイミングで株を売る」ことで利益を得ることは、例えば「売るビジネス」なら良い製品またはサービスを宣伝する訳ですが、宣伝するタイミング・場所・媒体などを選択して行い、それが「上手くヒット」すれば売れて利益が入る。それに似ていると思います。

「一般ビジネス」での経費は上手くいかなかった場合、掛けた広告宣伝費などは戻って来ませんが・・・「株の売買」では、買った株が上がらずに下がった場合、買ってすぐにロスカットの売り設定をしておけば、損失を最小にして掛けた資金を回収できます。回収した資金で次に狙う株に乗り換える事が可能です。

また、税金の面でも通常のビジネスでは売上に対して約半分50%は税金として必要ですが、株の売買益での税金譲渡益課税は20% です。

講座と銘柄推奨の
両方を行っています

*

個人投資家が自分で株の売買を行う場合に、証券会社で証券口座の開設をして証券取引所に株の売買注文を証券会社を通して行います。

株の売買において利益の狙い方など知識を教える「株のスクール・セミナー・講座を開催する」業務を行う会社や個人が、ネット証券会社が数多く誕生し始めた2000年以降徐々に増え、現在は数多くあります。

また「投資助言業及び代理業」の登録を国の機関に行ない認可を得て「銘柄推奨をする」業務を行う会社や個人は約700社前後と思われます。

当社の特長は、その両方を行っていることです。

株の短期売買で利益を狙われる個人投資家の皆様に、トレードの行い方(ルールの売買法)をお教えした上で、「ルールの売買に適した」売買ポイントにある推奨銘柄を東証3680全銘柄のチャート・板情報・売買高等を毎日、取引終了後からすべて目に通して探し出し、推奨銘柄には仕掛る値段・損切る値段・目標値段を記して全体相場の状況と共に日々お伝えしています。

株式市場は常に変化して様々な状況がありますが、私が行うサービスをご利用いただくご縁ある皆様に、少しでも良い売買とタイミングを手にして頂ければと思い、日々相場に向かい挑戦をしています。

株の短期売買で利益を望まれる方に「株式トレード講座」「銘柄情報配信サービス」で儲けるためのサポートをさせていただいています。

どう言った内容なのかを確認していただける「体験セミナー」を開催しています。是非ご確認下さい。